愛知・名古屋のサッカースクールならマジーアゴールデンエイジサッカースクール「コラム・ニュース」

お知らせ・コラム NEWS

お知らせ・コラム NEWS

2020.10.26 コラム

中学鳳凰クラス ご案内

マジーア中学鳳凰クラス

保護者の皆様にとって子どもが中学生になると環境の変化や思春期等、色々大変なことでしょう。
子どもたちも新チームでは内外の厳しい競争に直面します。強豪Jrユースチームには、元々所属している選手たちに加え、多くの有望な選手たちがセレクションを通して入ってきます。1学年30~40人ほど集めるチームもあり例年、中1から中2にかけて1軍と2軍に分けられます。また11人制への移行やボールの大きさ、コートの広さ、身体・精神の成長などの変化により、今までできたことが一時的にうまくできなくなることがあるなど、中学最初の1年間は特に大変な時期です。

そのような中、マジーア鳳凰クラスでは本来子ども達の持つ潜在能力を引き出すため、U15日本代表、ナショナルトレセン東海(東海4県選抜)、各県トレセンといった、ユース(高校)年代に全国レベルの進路に進むために有利となる目標を明確に掲げ、所属クラブの練習だけでは自分にとって足りないと考え頑張る選手たちが、周囲が休む試合開けの月曜夜や練習・試合後の土曜夜(または両方)に自発的に参加しています。
高い次元で戦う子ほど平均以上の努力を努力とも思わず、土日の夜も簡単には欠席をせず平然と自分を高めることに集中しています。

近年結果を出している青森山田高校や静岡学園高校には、同じく全国レベルの青森山田中学、静岡学園中学から優秀な選手が上がってきます。彼らは学校が終わると部活として練習に入れるメリットもありますが、何よりも練習がない日は週に2日も3日もないということです。またハイレベルな競争の中、自主練習を競って頑張る子ども達も大勢いることでしょう。練習のない曜日に、志(こころざし)の低い人間と同じように時間を浪費していては、周回遅れとなり手遅れとなります。

子どもたちの志(こころざし)は、すでに高い子とこれから高くなる子がいます。しかし何事もスタートダッシュは物事を有利に運びます。J育成チームのエリート選手達は既にプロ入りや海外移籍を視野に入れ高い志を持ち、この瞬間も努力を重ねており、また関東や関西は東海より多くのJ育成組織や強豪チームの同年代が競い合っています。高校年代で彼らに勝負を挑むには、今後ケガや病気、コロナ禍など練習を休まざるを得なくなる可能性もある中で、動ける時間を無駄にはできないでしょう。
ここでは仮想ライバルを関東・関西など、他エリアのナショナルトレセン選手と想定し、高校年代に勝つために南米やアフリカ系の同年代選手との戦いを念頭にボールテクニックとフィジカルストレングスの強化を図ります。どの子どもにもある時期に急成長する可能性があります。
高い技術・志を持ち参加可能な選手は同じ志を持つ仲間と競い合うことで、目標達成の可能性を共に高めてもらいたいと思います。

南米各国の代表的なエース

マジーアで学んだ技術を今後、効果的に発揮するには他の競技や音楽家と同じように、繰り返しの反復練習が必要不可欠です。一般的に監督とはチームの勝利の為のシンプルなプレーを望むため、大半が無難なプレーに終始し、チャレンジを避け、上のカテゴリーのスカウトから見るとさしたる特徴の無い選手になってしまうことが多いからです。
南米各国の代表的なエースを挙げると、ネイマール(ブラジル)、メッシ(アルゼンチン)、ルイス・スアレス(ウルグアイ)、アレクシス・サンチェス(チリ)、ハメス・ロドリゲス(コロンビア)など皆、圧倒的な技術力を備えています。チームがチーム戦術を重視するのは当然であり、本気で上を目指すなら彼らのような個人技術を別途磨き続けるしかありません。「圧倒的」な技術のある選手になっておけば、それが武器となります。

対象

ユース年代に全国トップレベルで闘うことができる心・技・体を身に付け、全国の有力ユース(高校)での活躍を目指す者

鳳凰クラス参加選手・県外進路実績(内定含む)

清水エスパルスユース(静岡県) 川崎フロンターレU18(神奈川県) 前橋育英高校(群馬県) 青森山田高校(青森県) 昌平高校(埼玉県) 藤枝東高校(静岡県) 鹿島学園高校(茨城県) 日ノ本学園高校(兵庫県) 興国高校(大阪府) 日本航空高校(山梨県) 松本国際高校(長野県) 遊学館高校(石川県) 静岡学園高校(静岡県) 藤枝明誠高校(静岡県) 四日市中央工校(三重県) 帝京大可児高校(岐阜県) 霞ヶ浦高校(茨城県) 鳳学園高校(石川県)

楽な群れに加わってはいけない。成長などできないからだ。パフォーマンスへの期待と要求が高いところへ行きなさい。
- ジム・ローン(著作家・講演家)
 強風の環境で育つ木は、深く根を張るようになり、厳しい環境に負けない木になる。自分を追い込まない限り、成長はない。詩人のダグラス・マロックは、こう表現している。「良い木材は、楽に成長などしない。風が強ければ強いほど、木も強くなる」
 良質な人間もまったく同じだ。
 もっと強くなりたければ、厳しいトレーニングを積む。世界レベルになりたければ、もっとハードルの高い環境に身を置く。
現在の自分の能力を上回る競争環境を受入れ、人としてもっと深い根を張れるように、自分を追い込むことが必要だ。
「FULL POWER」  - ベンジャミン・ハーディー

CONTACT US 無料体験・お問い合わせ

東名古屋校

愛知県長久手市
前熊原山32-28
アイチフットサル内

北名古屋校

愛知県北名古屋市
二子松江26
フットサルカフェAREA内