愛知・名古屋のサッカースクールならマジーアゴールデンエイジサッカースクール「コラム・ニュース」

お知らせ・コラム NEWS

お知らせ・コラム NEWS

2020.11.08 コラム

週1回と週2回の違い

週1回と週2回の差

 保護者の方から学んだ技術を試合で使えるようにはなりますか?と質問されることがあります。
マジーアでは4レッスン1セットで課題を学びます。
1週目:課題&パス(センタリング)
2週目:課題&シュート
3週目:課題&ドリブル突破
4週目:選択もしくは全て
 同じ基礎技術テーマでも応用のメイン練習は毎回変わるため、全く同じ練習が続くことはなく週1回の場合、次に同じ内容が周ってくるのは1年半後になります(学年によりクラス・難易度は上がる)。
 一般的に子ども達は最初の2回ほどで型を覚え、後の反復練習で神経回路を太くしていきます。毎回の自主練課題はしっかり行う必要があり、そこを疎かにしマスターする前にTPOをわきまえず無理に試合で使えば上手くいかず悪循環に陥ることもあります。週1回参加の生徒が1回レッスンを欠席すると神経回路を太くする反復練習がわずか1回となります。週2回参加の場合、単に2倍の練習量ではなく最初の2回で型を覚えると後の6回(週1の3倍)神経回路を太くする反復練習に充てられ非常に効果的です。
 「1日3クラスを行うため」「夕方より割高な夜間コート料」など様々な商業的な理由から、1回60分や80分(多くの指導者は内心短いと考えている)のスクールが多い中、MAJIA渾身の「110分~180分」レッスンは、毎回1.5~2倍の重みを持つ大きなものとなっております。
 どのような技術も反復練習の大切さは共通します。頭で考えなくても身体が自然に動くくらいに練習をして初めて実戦に使用できるものです。子ども達は日々新たな神経回路を必死で開発しています。すぐに使えるかどうかよりもいつか点と点がつながる時が来ると信じ毎日できることに全力で取り組むことを応援してあげてほしいと思います。

W・セカンドスクール

 当スクールには所属チーム+他セカンドスクールと掛け持ちして参加する熱心な方もみえます。習い事を分散させるか集中させるかはそれぞれですが、様々なスポーツの中でも少年サッカーは競技人口が多くありきたりな努力で大成することは難しくなっています。他でも述べている通り1日3時間毎日10年で到達できる1万時間を他者より少しでも早く到達することが将来プロ選手や日本代表を目指すような選手には重要になってきます。少なくともそのような目標を持って取り組む子どもは全国的には決して珍しくありません。

フロー状態(ゾーン)

マジーアのレッスンは普段とは違った練習やルールのため個人差はありますが慣れるまでに時間がかかります。
特に火の鳥クラス途中入校の生徒の中には追いつくために17時~21時まで2レッスン(4時間)を通して学ぶ子もいます。チーム活動後にそのまま参加する選手もいます。練習のし過ぎを問題視するご意見もありますが、自発的な行動(遊びの延長)と向上意欲を満たす質の高いプレー環境があれば、子どもたちは時間の経過を忘れたかのように没頭できるのです。(フロー状態)
ボールを使わずに道路を走り膝などに負担をかけるよりも可能な限りサッカーをプレーする環境を増やしてあげる事が大切です。持久力が大きく伸びるのは一般的に中学生からと言われており、反対に新たな技術を習得する最適なタイミングは小学生まで。優先する順番を間違えてはなりません。

CONTACT US 無料体験・お問い合わせ

東名古屋校

愛知県長久手市
前熊原山32-28
アイチフットサル内

北名古屋校

愛知県北名古屋市
二子松江26
フットサルカフェAREA内