愛知・名古屋のサッカースクールならマジーアゴールデンエイジサッカースクール「コラム・ニュース」

お知らせ・コラム NEWS

お知らせ・コラム NEWS

2019.08.29 コラム

ジュニアユース進路の考え方

ジュニアユース進路を迷っている人へ

ここでは「将来プロサッカー選手を目指す」意思
がある子に対する前提でマジーアの考え方を述べ
たいと思います

結論から言うと
「1軍で試合に出られるチーム」
をお勧めします
少人数制のハイレベルなチームに合格することが
ベストですが、選択肢はいくつかあります

Jリーグのジュニアユース

1学年の選手数が制限され
高いレベルのリーグ戦を戦うことができます
小学生の間に個人能力を高め各所属チームで活躍
し県トレセン等に選ばれることが合格の近道です

東海3県は関東と比べJリーグのチームが少なく
サッカー人口比率を考えると狭き門と言えます
(県トレセン選手でも入れない・残れない事もある)

県外私立中学・寮生活のクラブチーム

青森山田中学・静岡学園中学・JFAアカデミー福島
グランデアメージングアカデミー山梨などが
挙げられます。費用等、ハードルは高いですが
毎日の朝練・午後練など豊富な練習量を確保でき
短所を克服したり長所を伸ばすこともできます

近年結果を出している県内Jrユース

1学年の受入れ人数は30人前後と多めです
ただし、一般的にそのようなチームはジュニア
チームも抱えており自前で選手を育てています
その上で地区や県の選抜に入るような選手を含め
速さ高さなど特別な能力を持っている選手を求め
セレクションを行うため、競争は熾烈です
主に中学2年生以降は1軍/2軍と分けられます

近年結果が出ていない県内Jrユース

「育成に定評がある」「高校年代の進路に強い」
そのようなチームがあれば選択肢に入れるべきです

プロ選手を目指す上で中学年代で大切なのは
「1軍のレギュラークラス」
「キャプテンを任されるリーダーシップ」
「10番を託される技術力」
など
そのチームを代表してリーグ戦を戦うこと
その積み重ねが「心・技・体」の成長につながり
「戦術眼」や「責任感」を育みます

スペインでは育成年代でも選手が移籍することは
珍しくなく格上のクラブからの引き抜きや出られ
ない選手が出られるチームへ移ることは
自然に行われています

堰から溢れた水は少し低い場所にある堰で
受け止める。本来日本の育成チームも
そうあるべきだと思います

チームを選ぶ際には今後どうプランを立てるのか
どこで実力を蓄えどの段階でトップレベルに挑む
のか、将来の目標から逆算しよく考えた上で進路
を決めてもらいたいと思います

CONTACT US 無料体験・お問い合わせ

東名古屋校

愛知県長久手市
前熊原山32-28
アイチフットサル内

北名古屋校

愛知県北名古屋市
二子松江26
フットサルカフェAREA内